記事一覧

ファイル 1265-1.jpg

滋賀県の草むらで7月に撮影したチョウ目の一種(未同定)です。
割とよく見る蛾なんだけどなぁ。滋賀県の草むらはピンボケ未同定ばかりでした。


追記 2017年04月30日
lizaさんにベッコウハゴロモと教えて頂きました(感謝)。

ファイル 1264-1.jpg

滋賀県の草むらで7月に撮影したチョウ目の一種(未同定)です。
ピンボケでもシャチホコってる感じはしますが、それ以上はわかりませんでした。

ファイル 1263-1.jpg

滋賀県の草むらで撮影したクモ目の一種(未同定)です。
どこでもいそうなクモですけどね。同定する気が無いのです。


追記 2017年05月29日
white-wingsさんにコシロカネグモではないかと教えて頂きました(感謝)。

ファイル 1262-1.jpg

愛知県の公園で撮影したホソバヤマメイガです。
ストックが未同定だけになりました。うーん。虫の同定を試みても誤同定量産だしなぁ…。

ファイル 1261-1.jpg

2017年4月8日は琵琶湖と福井県でmaikyさんと魚捕りでした。
写真の5個体は福井県の川で採集しました。一番大きな個体が気になりました。
螺層角が狭く、弱く縦肋もあり、殻底肋が6本くらいに見えたので、クロダかと思いました。
ただ、他にそうした個体は捕れず、その他の4個体は割と普通なカワニナでした。

ファイル 1261-2.jpg
胎殻は丸っこくて平滑で小さく、数も多いことから、カワニナらしい感じでした。
殻底肋もよ~く数えると8本ありました。ただ、カワニナにしては少なめです。
カワニナで良いのでしょうが、いつもこういう曖昧な殻形態に困らされます。

ファイル 1260-1.jpg

三重県の海で撮影したオトメガサです。
貝であることすらわからず、なんじゃこれ、触ると危ないかも、と思っていました。
タカラガイ類もこんな軟体部を出すなぁと思って、巻貝を調べたらヒットしました。

ファイル 1259-1.jpg

2017年3月26日夜~27日夕方は、にょろきん君と琵琶湖と福井県でした。
米原駅で合流。まずは琵琶湖。1~2箇所目は魚捕り。3箇所目はクロなどが捕れました。
4箇所目はハベのみ。そして福井県へ。5~13箇所目は魚捕り。そして夜が明ける。

ファイル 1259-2.jpg
14~16箇所目は余呉湖です。カワニナ類を1個体目撃するも捕れず。

ファイル 1259-3.jpg
17箇所目は再び琵琶湖。雨降る中に、にょろきん君だけが採集。

ファイル 1259-4.jpg
たくさん捕れたね。これを全部持ち帰るとな。さわだ君ぽくなってきたぞ。
京都から夜行バスがあるというので、18時前に米原駅へ送り届ける。
468.2(高速道路27.5)kmも車を運転しました。一般道440.7kmはしんどかったです。

にょろきん君は寝過ぎて夜行バスに乗れず、27日朝に東京へ帰る予定が28日夜に…。
DMでのやり取りで、にょろ君が無理な計画を言うので、私が「いつねるんだ」と言うと、
「にょろは眠らない」「冗談です笑夜行バスで寝られないと困るので」と返答があり、
よっぽど睡眠不足に強いんだろうなと思いましたが、助手席で何度も寝ていましたし、
夜行バスも寝て乗れていない現実(笑)。さわだ君はそういうことはないので見習おうね。

ファイル 1258-1.jpg

2017年3月19日はたいちさん、またまたさん、Yさん、なかたりさん、ずーなまさん、
西村の6人で、カワニナ採集をさせてもらいました。貴重な時間を頂いて感謝します。
1箇所目。諏訪湖で探しますが、とにかく湖底が汚い。ヒメタニシくらいしか捕れませんでした。
2箇所目。諏訪湖流入河川の河口域で探しますがここも汚い。Yさんが1個体だけチリメンを採集。
3箇所目。諏訪湖へ6人胴長採集。1時間近くやりましたが、写真の6個体だけでした。
この場所はおそらく抽水植物があった場所を刈り取り、砂を入れて浜にした感じでした。
そのため底生生物の多くは死んだのでしょう。気温は氷点下で胴長とたも網が凍りました。

カワニナの種類はチリメンカワニナとタテヒダカワニナでした。
タテヒダは各地の湖沼で、移入の記録はありますが、多くはハベカワニナの誤同定で、
今回もハベがいるのだろうと思っていましたが、5個体だけですがタテヒダでした。
ナカセコカワニナとタテヒダは遺伝的に同種の疑いがあるようですが、
流れのある川にタテヒダが放流されたら、ナカセコ形態となって発見されるはずですが、
今のところナカセコの移入の報告はないと思います。これはどういうことなのでしょうね。

ファイル 1258-2.jpg
4箇所目。山梨県へ入って魚採集していたら捕れました。カワニナで良いと思うのですが、
縦肋が僅かに出て、胎殻は出なかったので、チリメンA型の疑いもあり、ちょっと怖いです。

ファイル 1258-3.jpg
5箇所目。こちらも山梨県で魚採集していたら見つかりました。これは縦肋もなく、
つるつるで小さな胎殻がたくさん出て確認できたので、カワニナで良いと思います。
中央は殻長(殻高)が46.2mmもありました。シノニムのオオカワニナだろうか。
今回はキタノカワニナ系も期待していたのですが捕れませんでした。
またわがまま言って、秋に函館近くで捕らせてもらおう。

ファイル 1257-1.jpg

滋賀県の草むらで撮影したアリグモです。
これはアリだと思って撮影していました。もっとクモらしくして下さい。

ファイル 1256-1.jpg

岐阜県のコンビニで撮影したモンクロシャチホコです。
啓蟄も過ぎて、虫も見かけるようになりました。未同定画像量産シーズン突入です。