記事一覧

ファイル 1201-1.jpg

2016年9月19日はぽにょさん、さわださん、西村で琵琶湖でした。
敬老の日の連休は潮が良く引くため、干潟へ行きたかったのですが、諸般の事情で中止になり、
Uさんとイタセンパラ撮影へ変更になりましたが、ずっと雨の天気予報で増水が予想されました。
その時にぽにょさんとさわださんが、19日にシライシ号で多景島へ行くことを知りました。
私も行きたいと言いたいところですが、シライシ号は2人乗り。しかも多景島は3回も行きました。
岸へ荷物を置いたまま、多景島へ行くと心配だろうから、サポートすることにしました。

秋雨前線が日本列島に横たわり、台風が翌日に来るかもしれないという天気予報ですが、
奇跡的に09~13時頃だけは曇りで、しかも行きは弱い向かい風で、帰りは追い風です。
多少の雨はあるだろうが、これは決行できそう。しかし、14時以降は風速4~5mと危険です。
危険と言っても、maikyさんと沖の白石へ行ったときは、風速7mの予報でしたけどね。

07時15分に南彦根駅で2人を乗せ、2011年にカワニナ丸でシゲさんと出航した八坂町へ。
穏やかな琵琶湖。小雨で電気ポンプは使えません。手動ポンプでシライシ号に空気を入れます。
2人は沖の白石での経験から手馴れています。雨が少しでも船内に入らないよう、
ビニールシートでカバーを付けました。08時43分出航です。今度こそ逝ってらっしゃい!

ファイル 1201-2.jpg
私は5時間くらい空いたので、小物釣りをしたり、ホームセンターへ行っていました。
そんな頃の写真をさわださんから頂きました。楽しそう。定期船の方の桟橋へ行ったんだね。
最大難関の尼さんは、ご不在だったそうですが、寺には2人ほど関係者がいたそうです。

ファイル 1201-3.jpg
13時過ぎに八坂町へ戻って来たら、遠くの方に小さくシライシ号が見えました。
そして13時42分にシライシ号は八坂町へ安着。おかえり~。今回も現世からのお迎えです。
袋にはたくさんのタケシマカワニナとチクブカワニナ。こんなに捕ってどうするんだ…。
更にさわださんは八坂町でもカワニナ捕り。もうカワニナなしでは生きていけない体に(中毒)。

ファイル 1201-4.jpg
お片付けです。写真は14時41分に撮影。たった1時間で風が出て、波が立っています。
この後に風波は更に強くなりました。帰航が1~2時間遅かったら、逝けたかもしれません。
岸から見て蛇行走行ではあったものの、沖の白石のときよりは、順調に見えました。
航行距離は約10kmで、危険度ランキング!は、■■■□□□□□□□ 30 くらいですね。
これが14時出航であれば、70~80くらいになっていたかと思うと、本当に残念です。

ファイル 1201-5.jpg
16時頃はメンカラスガイとオグラヌマガイを狙いました。
私も潜りたいという欲求はあったのですが、ドブタイビングになるため止めました。
さわださんは今話題の高濃度ドブ水を飲んでいました。この場所でオグラヌマガイは初確認。

17時頃にぽにょさんとは駅でお別れ。お疲れ様でした。よく頑張りました。
さわださんと私はラーメン屋さんで、カワニナの貝殻を広げてお話。車中でもお話。
あっという間に20時。駅でお別れ。お疲れ様でした。明後日は竹生島と聞いて驚きました。
今回のタケシマカワニナで、さわださんはカワニナ全種類を制覇。ちょっと早すぎるよ。

過去に私たちが命懸けだった、沖の白石と多景島を、2人は風波や危機もなくクリアし、
何か味合わせたい気分ですが、シライシ号は返却されました。まだ未潜の水域はあるはずだ。
そのときにシライシ号で、今度こそ逝ってもらいたいものです。今後も応援しています!

ファイル 1190-1.jpg

2016年8月15-16日は要芽さん、ぽにょさん、さわださん、西村で琵琶湖でした。
目的はウナイワ捕り、カワニナ捕り、シライシ号で沖の白石へ(命懸けシリーズは続いていた!)。
15日21時前に要芽さんと私は名古屋から車で米原駅へ。23時前に着いてぽにょさんこんばんは。
あれ?さわださんがいない。電車に乗り遅れて30分ほど遅刻…。ウナイワニナ捕りを終え、
いつもの北船木へ。あれこれ書きたいことはあるが、長くなるので今回は割愛します。
夜明け前に4人でシライシ号に空気を入れます。今回は風波なしで最良な状況。安全度は高い。
乗船するのは、ぽにょさんとさわださんです。要芽さんと私は安全に逝くためのサポートです。

ファイル 1190-2.jpg
夜が明けたら練習です。おぼつかない。それでも私は死ぬかもしれないと散々伝えたし、
色々な用意をして手伝ったので、どうなろうがこっちに責任はない。「逝って来いっ!」
とシライシ号を手で押す。その時の2人は、もう行くんですか? という悲壮な表情だった。
その顔は一生忘れないからな。思い切り死んで来い。シライシ号は2人用の棺です。

岸から要芽さんと見守るが、沖の白石よりもどんどん左へ移動して行く。写真下段を見て下さい。
多景島の方へ向かっている。多景島と沖の白石を間違えているんじゃないか。もう声は届かない。
沖の白石と荒神山の位置を見ながら、逝けよと言ったのに。電話をするが電波の届かない
ところのメッセージ。ラインを送るが一向に既読にならない。もう何もすることが出来ない。

駐車していた近くで、カヤック乗りの方がいたので、話しかけてみた。
その方はカヤックでビワマス釣りをするそうです。2人がゴムボートで沖の白石へ、
さっき逝きましたと言うと、真顔で戻った方がいいなどと、注意を受けましたが、
電話は通じないし、もうどうしようもないし、私はカワニナ丸とシライシ号で、
2回行ってるし、竹生島なども行ったし、たぶん大丈夫ですよ。ちゃんと逝きます。

5~6時間ほどやることがなく、要芽さんと2人で移動して、適当な場所へ潜って、
タテジワカワニナを捕る。沖の白石へ着いたら連絡が来ることになっていたが、
予定時刻を過ぎても連絡は無し。こちらから電話しても2人とも通じない。
私が行ったときは、電波はあったのに、電話会社によっては、通じない場所なのかな。

ファイル 1190-3.jpg
北船木へ戻って仮眠することに。要芽さんが先に寝つき、いびきが凄く、寝るのを諦めた…。
沖の白石の方を眺めながら、シライシ号を探すが見つからない。もう逝ったのかなぁ。
そんな頃の写真を、さわださんから、翌日に頂いた。この4枚を見ると順調だったみたいね。

ファイル 1190-4.jpg
車の中はいびきが鳴り響き、外は炎天下でやることがない。東屋で沖の白石を眺める。
沖の白石から北船木は北西方向にあるが、西へ移動している小さな点を見つけた。
まさかシライシ号じゃないよね。電話が鳴る。ぽにょさんからだ。「もう1.5kmくらいです」
「こっちへ向かってこないので、シライシ号じゃないと思ったわ。東風に流されたのかな」
「えっ順調にそっちへ向かっていると思いますけど」そんな会話はとてもホッとした。
行きも帰りも、目的地よりも左へ移動していることに、気が付いていないようだった。


出航時と帰航時の動画です。小さな点だったものが、パドルの動きが見えるまでに近付く。
要芽さんを起こして、2人を御迎えします。ここは極楽浄土です。大変にお疲れ様でした。
時間的にも予定通りで、大きな問題なかったそうです。漁船に岸へ戻れと注意されたとか。

ファイル 1190-5.jpg
8,575円のシライシ号は、また大きな成果を上げてくれました。安物買いの命儲け。
立派なシライシカワニナとチクブカワニナです。2人も満足そうでよかったです。
それじゃその勢いで次潜りま~す。4人で潜ってナガタニシやビワメラニアなどを採集。
要芽さんは水深8mくらいに潜っていて、私たちとは次元が違うと思いました。
私は6mくらい、さわださんは5mくらいで、カゴメカワニナを捕っていたのですが、
ぽにょさんは4~5mでバテていて、みんなで励ましましたが、ガゴメカワニナは捕れず。

ぽにょさわだペアとは安曇川駅でお別れです。シライシ号一式はぽにょさんに、
9月末頃まで貸すことになりました。それで今度は竹生島や多景島で逝くと良いですね。
今回は搭乗していませんが、推定すると航行距離は約12.5kmくらいでしょうね。
危険度ランキング!で言えば、「沖の白石 2016」■■■■□□□□□□ 40 くらいですね。
これじゃ生き急いで、沖の白石へゴムボで行っても、命ある状態で戻って来るわけです。
今度は2月、水温10℃以下、風速7m、高波、竜巻、船体に穴、尼さんのお説教有りで。

ファイル 1009-1.jpg

カワニナ丸とシライシ号の航行記録は、こちらを利用させて頂いていましたが、
2014年3月末に更新停止、2015年7月14日には、起動しなくなるそうです。
それは寂しいので、Googleさんで作り直しました。下表の距離に反映させてあります。
以前と少し距離が変わっていますが、どちらが正確とかではなく、実際は蛇行運転なため、
正確に測ったら確実に、これよりも伸びると思います。大まかな目安ですね。

航行記録
場所航行日搭乗者距離




伊崎磯2011年02月27日maikyさん、西村約2.8km
奥の洲(3洲)2011年03月06日タロベエさん、西村約2.2km
奥の洲2011年03月27日maikyさん、タロベエさん、西村約2.0km
小島・竹生島2011年05月03日maikyさん、西村約9.4km
菅浦2011年05月03日うなたろうさん、ペイルさん約0.3km
琵琶湖北部2011年05月03日うなたろうさん、西村約0.3km
沖の白石2011年07月02日maikyさん、西村約14.7km
多景島2011年07月17日シゲさん、西村約10.6km
葛篭尾崎2011年08月14日maikyさん、西村約9.4km
沖島2011年08月27日シゲさん、西村約11.4km
塩津湾東岸2011年09月11日タロベエさん、西村約5.7km
不死鳥島2011年12月31日maikyさん、Y.K.さん、
スギタさんとお子さん、
要芽さん、西村、タロベエさん、
かっちゃんさん、うなたろうさん
約2.1km




沖の白石2012年08月15日要芽さん、西村約11.7km
尾上港2013年06月02日内山りゅうさん、タロベエさん、
maikyさん、オイカワムツさん、
シゲさん、ペイルさん、
kenyuさん、西村、要芽さん
約1.2km
片山(西岸)2014年07月26日要芽さん、西村約4.7km
2艇目的達成約3年5ヵ月13人約88.5km

私が2人もしくは1人で航行した距離は合計約84.7kmでした。
カワニナ丸やシライシ号で、行く必要がある場所は、今は無いため、航行は終わりかも。
小島は調査不足な感じもするけど、こちらの写真を見ると、琵琶湖の水位が低いときは、
竹生島と繋がっていて、ほとんど竹生島と見なすことも出来るため、もういいかなぁ…。

ファイル 1006-1.jpg

2014年7月26日は要芽さんと琵琶湖へ。目的は片山(西岸)でのカワニナ採集です。
なぜ片山か。それはカワニナ丸で葛篭尾崎!で、片山を採集予定地にしていましたが、
m○ikyさんが体力限界で、片山を飛ばすことになり、採集できなかったのです。
時間も押していましたし、私も同意したので、仕方のない判断だったのですが、
湖岸沿いに4.5kmほど、採集空白地域ができ、いつか採集したいと思って3年間。
山側から崖下りも検討しましたが、無理だと判断し、シライシ号の登場となりました。

25日に3時間半の睡眠を取り、26日00時に要芽さんとおはよう。もう1つの計画を相談する。
それは15時10分に多景島へ観光船で行き、タケシマカワニナを捕るという無茶苦茶なこと。
要芽さんはOKと(さすがです)。00時過ぎに琵琶湖へ出発する。02時30分頃に到着。
未明から明け方に、2箇所でウナイワ狙いの採集。出発する月出へ05時20分頃に到着。

月出に駐車して外へ出ると、定番なスズメバチの威嚇。逃げながら私は作業を始める。
しかし、要芽さんは異常に怖がっている。車を移動しましょうと。面倒だなぁと思いつつ、
要芽さんが車を移動させる。私は歩いて移動。今度はスズメバチが2匹に増えた(笑)。
更に移動するがまだいる。スズメバチがいるなら、シライシ号は止めたいと要芽さん…。
仕方がないので、大幅に移動するが、そこもスズメバチはいた(この時期は全体いるよ)。
怖いもの無しに思えた要芽さんは、スズメバチだけは苦手なのだと本気で訴える。
スズメバチの縄張りが、無さそうなところを、30分ほど探して何とか見つけた(ふぅ)。

2013年6月2日以来のシライシ号を組み立てます。09時頃に向かい風の予報だったため、
急ぎましたが、約40分も掛りました。これは早く漕いで、時間を取り戻すしかない。

ファイル 1006-2.jpg
06時37分に月出を出発です。要芽さんがシライシ号の前部、私が後部へ乗り込みます。
要芽さんの漕ぎ方には、少々不安がありました。過去に前進漕ぎする必要があるときに、
回転漕ぎしていたからです。今回もその癖は治っておらず、左回転しそうになります。
それを私が右へ回転漕ぎして、真っ直ぐに戻すという、効率の悪い感じで進みます。
写真右側の山裏へ行くため、山の先端部をまずは目指して、漕いで行きますが、
舳先と船体は左側の山へ向いています。たまに回転漕ぎが強くて、左半回転したりと…。

ファイル 1006-3.jpg
ジグザグ移動で山の裏側へ抜けると、風波が無く鏡の湖面。最高のゴムボート日和です。
写真の船体を見て下さい。左側へ傾いて、今にも水が入りそうな感じです。
これは要芽さんのお尻が左寄りにあり、体重が左側へ偏っているためです。
転覆の危険です。何度も左側へ移動しているよと言って、真ん中へ戻してもらうのですが、
しばらくすると、またお尻が左側へ移動し、船体が左側へ傾きます。その繰り返しです。
風波が強いときならば、確実に水が入って、危険性が高まっていたと思いますが、
要芽さんと乗るときは、決まって風波が弱い。そのあたりは何か持っていると思います。

ファイル 1006-4.jpg
2kmほど漕いで目的地が近づいてきました。崖崩れして木が湖へ突っ込んでいます。
無理に崖下りしなくて本当に良かったと思いました。スズメバチも多いだろうし…。

ファイル 1006-5.jpg
07時19分に片山へ到着(42分間)。海パンで潜ります。水が綺麗で我々以外おらず楽しい。
水深5.5mほど潜って、息が苦しくなり、やっぱり命懸けの採集だと、思い出しました。
要芽さんはその先の8mほど潜っていたようです。尊敬します。私には出来ません。
無事に採集も出来て、これで心残りはありません。今度は私がシライシ号の前部、
要芽さんが後部へ乗り込み、風波が出ないうちに、月出へ戻ります。
帰りは行きと違って、要芽さんの回転漕ぎが激減し、スムーズに進みました。
そして特に問題なく、月出へ到着(やったー)。月出→片山→月出(往復4.7km)でした。

シライシ号を解体して汗だくに。目の前は琵琶湖という湯船。月出でも潜って採集。
この採集で琵琶湖淀川水系調査は267(潜水101)箇所になりました。要芽さんありがとう。
これだけ潜れたのも、採集にお付き合い下さった方々の御蔭です。感謝しています。
大台の100箇所を超えましたが、厳密には琵琶湖97+内湖2+瀬田川2=101箇所なため、
琵琶湖に100箇所潜りましたよ。とはまだ言えないので、もう3箇所に潜りたいです(笑)。
次は多景島です。要芽さんの反対でシライシ号ではなく、観光船で行くことに(次記事へ)。

ファイル 841-1.jpg

3組の航行が終わり、残った人は要芽さん、kenyuさん、西村の3人。
これでは2人1組にするには、もう1人が必要だ。そういえばkenyuさんの奥様が、
水泳部で大丈夫だと豪語されていた。乗りますかと聞いたら、ハッキリ断られた(あれ?)。
皆さんの航行を見ていて、不安になったのだろうか。最初に乗ってもらえばよかった(笑)。
要芽さんのお父上は、要芽さんの説得にも、頑なに拒否されたという。早川さんも拒否。

こんな短い距離で、港内の安全な環境で、こんなんだと、沖の白石へは行けないぞぉ!
まぁ命は大事です。私も水泳部でしたが、胴長で落ちたら、遊泳力は関係ないからね…。
オイカワムツさんがもう一度乗るという。おおぉ。その危機意識の無さに脱帽です(笑)。
同じコースではつまらないので、A→B→C→A(約0.32km)です。約0.08kmだけ遠距離に。
まずは要芽さんとオイカワムツさんが行きます。タロベエさん足冷たくないのかなぁ…。

ファイル 841-2.jpg
写真は2人が出航したときに、用を足しながら、盗撮する不審者です。
盗撮も車上荒らしも犯罪です。被害者の気持ちを考えて、絶対にやめましょう。
なお、カワニナ丸とシライシ号の扱いは、危険物取扱者の免許が必要です。
軽い気持ちで乗ると、非常に危険です。有資格者の話を良く聞き、一緒に死にましょう。

ファイル 841-3.jpg
要芽さんとオイカワムツさんは生還。最後はkenyuさんと私です。いざ出航です。
そのとき岸から、西村さんライフジャケットという声が。あっ着忘れてた…。
このままでもいいよと、言いかけましたが、皆さんを心配させるのはよくないので、
戻って着ることに。このミスは初めてだったので、少し恥ずかしくなりました。

ファイル 841-4.jpg
改めて出航です。A→B→C→Aコースです。kenyuさんは漕ぐ力も強くて順調なのですが、
パドルに付いた水が、風の影響もあって、私の方へ降ってきます。写真を見て下さい。
左上から右下へ、だんだん水滴が増えているのが、わかると思います。
無事に生還しましたが、私は頭とTシャツは濡れて、船内に少し水が溜まりました。
こんな状態じゃ、沖の白石へ行ったら、船内水溜りで、沈没しちゃうよ。
水が船内に飛ばない漕ぎ方を、次の沖の白石行きまでには、マスターしておきましょ~う。

ファイル 841-5.jpg
無事に9人全員生還し、航行距離は(240×3)+(320×2)=約1.36kmでした。
お疲れ様でした。写真は尾上港で撮りました。よく見ると、左の竹生島と右の葛篭尾崎が、
組んだ肩で、掛け橋になっている。次はみんなで竹生島へ行きなさいという暗示なのか…。
私はそれよりも前に、道の駅の前にある島へ、早く行きたいです。今月泳いで行くかな。

ファイル 840-1.jpg

2013年6月2日朝は13人でシライシ号に乗ります。
目的地は私が琵琶湖で唯一上陸していない島状地であるここです。
湖北みずどりステーション(道の駅)の前にある島(洲)です。以前は鳥セに阻まれました。
道の駅の岸から、島へ上陸しようとすると、また口喧嘩しないといけないと思い、
400mほど北側にある尾上港から出航し、琵琶湖側から島への上陸を試みます。
もしも、鳥セが文句を言いに来ても、「遠くて聞こえねぇな」と無視するつもりです。
実は根に持っていました(笑)。魚屋たちの執念深さを教えてやる。今日こそ行くぞ!

目的地の尾上港に着きました。要芽さんが中心に手際よく組み立てます。
まだ空気が入っていないところがある。それに皆さんは気が付かず、出来上がりな雰囲気。
そこまだ膨らんでないけど…。入れたけどいう声から、穴が開いているかと焦りましたが、
空気注入口が確り閉まっていなかっただけでした(本当か?)。最初から不安だなぁ。

港のスロープへ着くと、港の外側は強風で白波が出て、とても港外へ出られない。
私であれば無理しても行くけど、全員が出来る状況ではないし、何かあっては問題だ。
これは勇気ある決断が求められる。悔しいけど島への上陸は諦めましょう(あぁ)。
琵琶湖の岸から一番近い島なのに、沖の白石よりも遠く感じた。何だか敗北感…。

ファイル 840-2.jpg
気を取り直して、尾上港内で乗ることに。風は強めなので十分楽しめるかも(にやり)。
北西約7mの風。航行予定はA→B→A(片道0.12kmで往復0.24km)です。
対岸側になる防波堤に、パドルで触って、戻って来るだけの、非常に簡単なものです。
まずは内山りゅうさんとタロベエさんのペア。内山さんはカヤックに乗ったことがあり、
乗る前に何だか余裕な感じでしたが、写真は漕ぎ始めて、30秒後のものです(笑)。
船体が奥へ傾き、タロベエさんの真っ直ぐ伸ばした腕は、踏ん張っている感じです。
そして内山さんの表情は、おいおい危ないよこれっ、とでも言っていそうです(笑)。

ファイル 840-3.jpg
写真右下は生還できたぁという表情にも見えます。5分間0.24kmの安全な港内での航行。
それでもカワニナ丸やシライシ号での、危険さ大変さが、十分に伝わったようでした。
乗らないとわかりません。私なんて、沖の白石で4時間15分もずっと同じ体勢でしたし、
合計81.75km乗っていますよ! それでも死んでいないのが不思議なくらいです。

ファイル 840-4.jpg
次はmaikyさんとオイカワムツさんのペア。風に流されてだんだん右へ。
漁船にぶつかるかもと。写真中央に小さく写っています。漁船との距離は5mくらい。
それでも経験者のmaikyさんと、力強い漕ぎ方のオイカワムツさんは生還です。

ファイル 840-5.jpg
次はシゲさんとペイルさん。シゲさんは多景島と沖島から生還しているので、
大丈夫だろうと思って見ていたら、回転漕ぎしてシライシ号が何度もくるくると。
写真は左側へ行こうとしているが、本当は手前に進まないといけないのです。
他の2組よりも少し時間が掛かって生還。シゲさん沖の白石へ行って修行し直しだ!

後編に分けるほどではないのですが、写真をたくさん撮ったので…。
(後編へつづく)

ファイル 720-1.jpg

沖の白石へ着いた要芽さんと私は、素潜りの準備に入ります(ワクワク)。
私はライフジャケット・パジャマの長ズボン・麦わら帽子を外し、軍手・シュノーケル・
マスク・フィン・網袋を装着。2人で一昨年と昨年にシライシカワニナがよく捕れた場所へ。
軽く潜ってみると、すぐに捕れた!! 何度捕っても嬉しい。来てよかった~っ(感動)。
要芽さんが捕れないので、その場所を譲って、私は別の場所へ潜るが、全くいない。
今年も数は捕れんなと思い、要芽さんのところへ戻る。すると、普通に捕れてるやん!!

同じポイントを2人で潜り続ける。要芽さんは1回の潜りで、20個体くらい捕ってる(驚)。
水深2m以深にはシライシカワニナがごろごろいる。なんだここはっ。夢のような世界だ。
一昨年と昨年はヤマトカワニナ(チクブカワニナ型)の方が多かったけど逆転している。
2人で数だけ捕るならば、1000個体も可能だと思うほど、いくらでもいる。
個体も選びたい放題だが、巨大なのがいない。だいたい殻長3~4cmで型が揃っている。
S先生に見せて頂いた標本は、殻長6cmくらいあったけど、そんなのは全く見られない。

要芽さんは捕れ過ぎて、少し飽きた感じがだったので、私だけもう少しここで捕るので、
沖の白石を1周したらと話し、別々に行動することにした。この夢のような生息状況を、
デジカメ動画で撮ろうと潜ると、水深3mくらいでデジカメから、空気がぽこっと出た。
浸水はマズイと思って、個体数が少ない浅場だけ撮影して、深場の撮影は諦める。

要芽さんが戻って来た。周りを見渡すと、沖の白石周辺に、バスボートが3~4艘もあり、
ルアーを投げている。いつのまにか潜り難い状況になっていた。バサーが話し掛けてきた。
バサ「おはよーう何捕っているの?」 西村「貝です」
バサ「ボートを漕いで来たの?」 西村「はい」
バサ「すごい」 西村「2回目です」 バサ「すごいっ(大声)!」
などと会話する。船に乗る人には、ここにゴムボで来る厳しさが、わかるんだろうね。
カヤックに乗る人にとって沖の白石は、聖域や憧れの場所として、有名なようです。
カヤックはゴムボより推進力が遥かに上で、水面露出が少なく、風の影響を受け難く、
まるで違うものだと、今日何度も言っておきます。沖の白石夏期講習。現世者2名。
しかも、カヤックはたいてい沖の白石を1周して戻るだけ。我々は着いて休憩も無く、
水深5mの素潜りですよ。それがどんだけしんどいか、今日何度も言っておきます(笑)。

要芽さんは疲れたようで先に休憩。私はでっかいのを探して、まだまだ潜り続ける。
合計1時間30分ほど探したがおらん。少し心残り。諦めてシライシ号のところへ戻る。
2人で合わせて、シライシカワニナ200個体くらい(写真で数えたら231個体)捕れた。
ヤマトカワニナ(チクブカワニナ型)も15個体くらい(写真で数えたら20個体)捕れた。
捕り過ぎって? まだいくらでもいたので、資源量から見たら、問題ない量なのです。

橙色の網袋はmaiky(現世者)さんから頂きました。安全航行の御守りになりそうです。
昨年は北船木へ戻る間に、ジップロックに入れた個体が、高水温で少し死んだので、
それを防ぐため、網袋をシライシ号の船尾にぶら下げ、水に付けて戻ることにしたのです。
漕ぐときに抵抗は強くなるでしょうが、生かして持ち帰るためには、仕方がありません。
また、保険でジップロック2つにも少し分けて、シライシ号に入れて戻ることにしました。

ファイル 720-2.jpg
○ロリーメイトってこんなにパサパサやったっけ。と思いながら食事。私は休憩も無く、
北船木へ戻ることに。まず、シライシ号の荷物を全て出して、船内に入った水を抜きます。
2人で引っくり返すと、こんなに水が入っていたんかと思うほど、ザーッと出ました。
びしょびしょになったパジャマの長ズボンを穿き、ライフジャケットと麦わら帽子を装着。
そんな時に岩をすべり落ち、左足首に擦り傷(出血)。カワニナ採集と生傷はセットです。
シライシ号を水面に浮かべ、今度は私が前部座席へ、要芽さんが後部座席へ乗り込みます。
沖の白石とはお別れです。何か寂しい気持ちに。ありがとーう白石くん!(畏敬)

現在09時42分。釣堀のようにバスボートからバスを釣るバサー。確かに潜ると多くいた。
カルガモの子供が、バスボートに近付いて、昨年もこんなのいたなぁと、思い出しました。
などと、沖の白石周辺をうろうろ。実は北船木がどこにあるか、分からないのです(苦笑)。
ここは冷静になろう。あれが沖島で、そっちが多景島だから、こっちかなと見ると、
水平線しか見えない。そもそも北船木って、目標物が何も無いところなんだよねぇ(汗)。

ファイル 720-3.jpg
北船木へ戻るまでが遠足です。気合を入れ直します。写真を見るとわかるように、
目的地はピンポイントではわかりません。だいたいの方向だけは、何となくわかったので、
とりあえず、そっち方面へ漕いでみます。この時間の風予報は、追風4mでしたが微風。
追風に乗って、すいすい戻れると思っていたのにぃ。とにかく漕ぎ続けないと戻れません。

要芽さんは相変わらず、左側は回転漕ぎで、左へ左へと進みます。それを右へ戻す私…。
私はパドルの漕ぎ過ぎで、左手の親指と人差し指が、皮が捲れて非常に痛みます。
元々ない持続力が更に落ちて、本気漕ぎを30秒すると、休憩2分という感じです。
それでも戻らないといけません。風波のない今のうちに、少しでも進んでおかないと。

ファイル 720-4.jpg
水上バイク(暴走族)の引き波で、シライシ号が煽られたり、漕ぎ方が雑になって来たので、
シライシ号の中に水が入りやすくなり、お尻には水溜りが出来ていました。
要芽さんは、それを浸水と勘違いしたり、山で稲光があったと、不安なことを話しながら、
目的地の北船木がどこにあるか、ようやく目視できるまでに、近づくことが出来ました。

両肩は漕ぎ過ぎ、疲れたを超えて、痛みに変わりました。これは後で気付いたのですが、
先日の壮行会に写ったパドルのグリップと、上の写真のグリップ。よーく見て下さい。
滑り止め部分が違います。壮行会の方が丸くて太い。上の写真の方が細くて尖る。
壮行会でシライシ号とカワニナ丸のグリップが、1つだけ摩り替わっていたのです(爆)。
ようするに、左手だけ皮が捲れたのは、カワニナ丸のグリップを使ったからでした。
わかってくれますか。カワニナ丸の怖さ(笑)。だからシライシ号とは少し違うのです。
カワニナ丸も何とかして、沖の白石へ行きたかったんだね。不思議な執念を感じます。

北船木まで300mを切ると、家族連れが楽しそうに遊ぶ様子が、はっきりと見えてきました。
ここで転覆しても、助けてもらえるはずだ。そんな安心感で、自然と表情が緩みます。
出航したときには、岸には誰もいなかったのに、バナナボートやコイ釣りしている人まで。
着岸できそうな隙間を探し、後一踏ん張りだ。シライシ号が底を擦って破れないよう、
私がコントロールする。もう足が着ける。琵琶湖ってこんなに浅いところあったっけ(笑)。
要芽さんが先に降りる。そして私が降りる。2人でシライシ号を陸へ運んで置く。よしっ。
ぬぉぉぉぉ。やったー!!! 要芽さんと抱き合う。生還できたぁ(1機も死なずにクリア!)。

ファイル 720-5.jpg
現在11時40分。帰りは1時間58分だったか。合計4時間2分も漕いでいたことになる。
カワニナ丸より遥かに順調でした。北船木→沖の白石→北船木 (往復12km)。
危険度ランキング!で言えば、「沖の白石 2012」■■■■■□□□□□ 50 くらいですね。
風波が弱いだけで、安全度が全く違う。気温もあまり高くなく、曇りで日焼けも酷くない。
条件的には最高でした。運が良かったです。もう沖の白石へ行くことはないだろうなぁ…。
皆さんはくれぐれも真似しないように。風波が強いときは、1機ではクリアできませんよ。

少し冷静になってくると、汗臭いことに気付く。琵琶湖冷泉へ入る。気持ちが良い。
シライシカワニナを確認すると、全て生きている(嬉)。2人でシライシ号を車へ運ぶ。
水が入っているため重い。荷物を出して海パンなどを干す。沖の白石へ持って行ったが、
食べていない物があった。ウメガシャキである。塩分不足かもしれないし、2人で食べる。
5秒でほぼ同時に吐き捨てた(笑)。これは塩分不足になっても、1粒で塩分過多になるわ。

要芽さんは車で仮眠。私はシライシカワニナなどを撮影する。maikyさんに生還の報告電話。
45分ほどで要芽さんが起きて来た。荷物を車に積む。今日はまだ2箇所で潜ります(爆)。
水に長く浸かり過ぎた要芽さんの皮膚は、細胞が死んだようで、白い粉を吹いていた…。
いつもの魚清でイサザの佃煮を買う。某浜へ到着して、濡れた海パンと長袖をまた着る。
1時間近く潜って、ナガタニシがそこそこ捕れた。次は湖西地域から湖北地域へ向かいます。
レーダー画像を見ると、潜るところは、雷雲があってマズイ感じ。それでも行きますよ。

私はそろそろ限界になり、移動中に助手席で眠らせてもらう。でも意識が無くならない。
浅い眠りで何度も起きる。ほぼ眠れず。現地へ着くと小雨。もうすぐ17時になりそうだ。
暗くなる前に潜るしかない。目的はオトコタテボシガイ。15分くらいで1個体が捕れた。
要芽さんはまだ捕れていない。その後に30分ほど探すがぜんぜん見つからない。
ここは水温が低い場所があって、普通は避けるのだけど、なかなか捕れないので、
そこにいるかもと探し続けると、体が冷えて来た。そしてお腹が痛くなって来た(ヤバイ)。

要芽さんは1時間近く経ってもまだ捕れない。真剣に探しているので、捕らせてあげたいが、
私のお腹はますますヤバイ。近くにトイレは無い。物陰に隠れて用を足すところも無い。
この場所には、要芽さんと私の2人しかいない。皆さんこういう時にどうしますか?
選択肢は無いです。要芽さんに事情説明。こっちに来るなと言う。なるべく沖へ泳ぐ私。

初めての水中便所。海パンを降ろして力む。下痢なので浮上する。これは想定外です(焦)。
フィンを動かしながら、アメリカザニガニ泳ぎで、後ろへ進みながら撒き散らす(爆)。
フィンの動かし方を間違えると、あれが目の前に迫って来る。追いかけてくるなー(必死)。
50mはアリザリ泳ぎをしただろうか。何とかなった。ふぅ。これは沖の白石より危険だった。
ありえない状況に、面白くて仕方がなかった。あっ冷水洗浄便座なので、お尻は清潔です。
沖の白石は鳥の糞で白くなった。琵琶湖は...大丈夫だ。きっと。そんなの迷信だ。

オトコタテボシガイがまだ捕れない要芽さん。少し身軽になった私は浅場へ潜ってみる。
すると砂底で良い環境が広がっており、オトコタテボシガイがいたっ。要芽さんを呼ぶ。
このあたり捕れるかも。すると要芽さんも1個体を捕った。そのときまたお腹が…。
トイレに行くと、要芽さんに伝えて、沖へ泳ぐ(爆)。アメザリ泳ぎもだいぶ上達した。
ちなみに、軽犯罪法の第一条の二十六。「街路又は公園その他公衆の集合する場所で、
たんつばを吐き、又は大小便をし、若しくはこれをさせた者」は拘留又は科料があります。
たくさんの人がいる海水浴場でやったら、軽犯罪法に触れますので、気を付けて下さいね。

車へ戻ったときには19時を過ぎていた。2時間余り潜ったり、アメザリ泳ぎしたことになる。
沖の白石で1時間30分。ナガタニシで1時間近く。オトコタテボシガイで2時間余り。
合計4時間30分くらい琵琶湖に生息。ようやく帰路。お腹は減ったが、飯を食う元気がない。
滋賀県から愛知県へ。途中でmaikyさんのお宅に寄る。シライシカワニナをプレゼント。

22時30分頃に西村宅へ到着。荷物を降ろす。この頃になると、沖の白石へ行ったという、
高揚感はもう無く、よくある採集の帰りのような、気持ちになっていた。唯一違うのは、
生きたシライシカワニナがどっさりいる。見慣れない形状だけあって、格好良く見える。
要芽さんお疲れ様でした。お陰さまで生きていますっ。行く決断をした勇気に敬服します。
少し気になったのは、要芽さんがシライシ号を、大切に持ち帰ったことです。
竹生島・小島あたりは、ちょっと手薄だけど、また使おうなんてことは無いよね…。

実は一昨年と昨年に、沖の白石から戻って、予想外の出来事が、色々とありました。
これは白石神の祟りなのかも。今回も何が起こるのだろうと、かなり怯えていました…。
翌日に冷蔵庫を開け、魚に餌をあげて、もう1度冷蔵庫を開けたら、壊れていました(笑)。
私が触れたので壊れたみたい。この冷蔵庫が壊れたのは初めてです。もう超祟力です。
電気屋さんに直してもらうまで2日間。予備の小さな冷蔵庫と氷で何とかしのぎました。
ただ、冷蔵庫が壊れたくらいで良かった。一昨年と昨年はもっと酷かった(書きませんが)。

ご心配下さった方々、とても励みになりました。ありがとうございました!
最後になりましたが、琵琶湖の水をご利用の滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県の皆さん。
すみませんでしたm(_ _)m いつまでも綺麗な琵琶湖であることを祈っています!

ファイル 719-1.jpg

2012年8月15日は要芽さんと沖の白石でシライシカワニナ採集です(命懸け)。
昨年はカワニナ丸で極めて危険でしたが、それに懲りず、また行こうとするのは、
根っからの冒険家気質でしょうか。いいえ、シライシカワニナが捕りたいだけです(真)。
一昨年と昨年は、大きな個体が僅かで、数も少なかったので、納得できませんでした。
今回の目標は、でっかいのを捕りたい、そして浦B先生への進呈用に数も必要だ。
要芽(かなめ)さんは、沖の白石へ行き、シライシカワニナを1個体で良いので捕りたいと。

8月13日夜。14日夜遅くに名古屋から琵琶湖へ向い、夜明けから沖の白石へ出航するため、
ある程度は起きて、寝る時間をずらさないといけない。仮にベッドへ入ったとしても、
昨年の怖い記憶が蘇って、直ぐに寝られないのは、これまでの経験から明らかだった。
晩酌を普段より多く長く呑み、8月14日06時30分頃に就寝。これで夕方頃に起床するはずだ。
確り寝て体調万全で行くぞっ。右腰の肉離れも完治していないので、寝て安静にしよう。

8月14日11時15分。maikyさんから電話。おもっきり沖の白石の話をしてしまう(笑)。
5時間近く寝たので、微妙に眠たくなく、興奮もあって、もうぜんぜん眠れないよぉ…。
酒が抜け切る前に、起きてしまい、完全に二日酔い。より悪い体調の出来上がり(あぅ)。

8月14日23時頃に要芽さんと電話する。天気予報だと夜明け頃に小雨がありそう。
レーダー画像を見ると、ご飯にゴマでも掛けたかのように、雨雲があちこちに見られる。
でも一番問題なのは風。04~11時は南東4m以下。12時以降は南東4~7mという感じ。
風向は北西(彦根から出航)、南東(北船木から出航)と考えていたので、北船木に決定。
風速は0~3m(決行)、4m(検討)、5m以上(中止)と考えていたので、12時までには戻ろう。
要芽さんには、これまで私が散々、沖の白石の危険性を伝えた上での決行なので、
死んでも恨みっこなし。天国で会っても、文句言わないことを、約束してもらいました。

8月14日23時40分頃。要芽さんが西村宅に到着。要芽さんのお車に荷物を積み込む。
私は寝不足で、二日酔いがまだ抜けないまま、琵琶湖へ向かうことになりました…。
途中で水と食料を買い、Mドナルドを腹に入れ、北船木へ15日03時15分頃に着きました。
湖岸の防風林では、小雨の中にバーベキューしているグループがいたため、
これで車上荒らしには遭わないなと、ほっとしました。さぁゴムボートに空気を入れます。

空気を入れていると、短時間に感じるのですが、完成まで1時間15分も掛かりました。
先日に要芽さんの宿題になったゴムボートの命名ですが、これがどうもしっくり来ないので、
私の提案で「シライシ号 0.16t」にしました。シライシ号の意味は、沖の白石へGO!です。
0.16tは耐荷重量が160Kgだからです。2人の体重合計145kg+荷物なので余裕がないっ。
シライシ号は8,575円と安価なので、文句は言えません。安物買いの命儲け狙いです。

ファイル 719-2.jpg
航行予定は 北船木→沖の白石→北船木 (片道5.5kmで往復11km)です。
これはカワニナ丸で行ったときと同じです。写真の沖の白石が見えるでしょうか。
めっちゃ遠いんです。これからあの見失いそうな、灰色の点に向かって漕ぎ続けるのです。
湖面は凪ではありません。向かい風です。私の装備は、長袖・海パン・ライフジャケット・
パジャマの長ズボン・スリーフィンガーレスグローブ・麦わら帽子・スニーカーです。
昨年は日焼けで、かなり苦しめられたので、なるべく肌の露出を防ぐ格好にしました。
まず、私が後部座席に乗ります。そして前部座席へ要芽さんが乗り込みました。
05時14分出航です。気合が入ります。いくぞ!ぜってえ、またここに戻ってきてやるっ!!

ファイル 719-3.jpg
まずは要芽さんの漕ぎ方を見たかったので、1人で漕いでもらいます。
前に不死鳥島で一緒に乗ったときは、無難に漕げそうだなと思っていました。
しかし、5分もしないうちに、非常に不安になりました。ちゃんと漕げないやん!
これは風波が来たら終わりだな。私はこのとき今日が2人の命日だと確信しました(爆)。
基本的な漕ぎ方(パドリング)は大きく分けて2つあります。前進漕ぎと回転漕ぎです。
前進漕ぎは、船体の外側と平行に漕ぎ、それを交互にすることで前進させます。
回転漕ぎは、船体の外側を弧のように漕ぎ、回転させたり、船首の向きを変えます。
船体左側を、強く回転漕ぎすれば左回転し、弱く回転漕ぎすれば、船首は左へ向きます。

要芽さんは、沖の白石へ船首が向いているときに、右側は前進漕ぎで良いのですが、
左側は回転漕ぎになるのです。それを私が何度も注意しても、全く直りません(苦笑)。
特に力を込めて左側を漕ぐと、強い回転漕ぎになって、シライシ号が1回転するほどです…。
船首は目的地である沖の白石へ、常に向いているべきですが、左へ左へと進みます。
写真を見て下さい(06時08分)。パドルのグリップの上にある点が、沖の白石なのですが、
シライシ号の船首と要芽さんは、沖の白石より左向きです。どこへ行くんだぁ(笑)。
沖の白石の向こう側は荒神山です。出発前の写真と比べると、沖の白石が右に位置します。
これはシライシ号が左方へ進んだことによって、沖の白石が右へずれて見えるのです。

何とかせねばと考えて、要芽さんは右側だけを漕ぎ、私は左側だけを漕ぐことにします。
しかし、要芽さんは右側だけを漕ぐ場合も、数回に1度は回転漕ぎになります。
力強く回転漕ぎされたときには、シライシ号は回転するだけで、ぜんぜん進んでいません。
とにかく風波が弱いうちに、覚えてもらうしかないため、結局は1人ずつ交代で漕ぎ、
要芽さんが左へ進ませたのを、私が右へ漕ぎ戻すという、何とも虚しい作業の繰り返し。
ミシンのジグザグ縫いのように進みます。1km移動するのに1.5kmは漕いでいる感じです。
私はパワーと方向は問題ないけど、持続性がないため、人のことは言えないのですがね…。

ファイル 719-4.jpg
ジグザク走行でも、沖の白石はだんだんと近付く。もう何百漕ぎしただろうか(しんどい)。
沖の白石まで500mを切る。数羽の鳥がシライシ号の存在に気付き、飛び立つのが見えた。
何か要芽さんの様子が変だ。下を向いて「涙が出て来た」と言って、泣いている(爆)。
まだ着いてもいないのに、男泣きするのは早いよ。私は北船木へ無事に戻ることが、
真のゴールだと思うので、ここで気を抜いたら、死に直結すると考え、気を引き締める。
そうは思っても、要芽さんの感情はよくわかる。夢に出るほどの岩島が目前にあるのだ。
昨年から行きたかった。でも命懸けで不安も一杯。そんな気持ちが爆発したのだろう。

ファイル 719-5.jpg
どうやら沖の白石の周辺は、湖流が発生しているようで、水面に泡やゴミが流れている。
シライシ号も湖流に流されそうになる。とりあえず、昨年にカワニナ丸を置いた場所へ。
要芽さんが岩へ乗り移る。そして私が乗り移る。同じ状態だったので、足がふらふらする。
シライシ号を2人で持ち上げて、沖の白石へ立て掛ける。横に置けるところは無いのです。
07時18分に沖の白石へ上陸(ヤッター!!)。2時間4分も掛かりました。やっぱり遠いわ。

程なくして、遠くの方から、高速でバスボートが近付いて来た。うわぁ。嫌だなぁ。
邪魔しちゃ悪いかな感を出そうと思い、急いでデジカメを出して、撮影したのが上の写真。
慌てているので、左手のグローブが写っちゃっています。それに気付いてバスボートも、
去ってくれました。ありがと~う。という気持ちを込めて、バスボートに手を振ると、
向こうも手を振ってくれました。優しくてマナーのある人たちで良かったです。

上陸したからこそ分かる真実を記します。明治42年「新撰近江名所図会」によると、
白石島「全石鳥糞を以て白色と去れるが故に俗に沖の白石と云ふ」と書いてあります。
沖の白石は鳥の糞で白く見えるという意味です。原典は文化12年「近江名所圖會」だと
想像していますが、「沖の白石 鳥の糞」でネット検索すると、たくさんヒットします。
ようするに、文化12(西暦1815)年から200年近く、鳥の糞説が信じられているわけです。

鳥はそんなに多く見られません。少しでも居れば、鳥の糞があるのは当然ですが、
沖の白石へ3回行って、鳥の糞が岩の色を変えるほどある、という記憶は無いです。
そもそも、沖の白石の岩質は湖東流紋岩で、元々が白っぽいのです。写真を見て下さい。
青白くて鳥の糞みたいに見えるところは、地衣類(菌類)が着生している色なのです。
結論を言うと、白い岩に地衣類が着き、それを遠目で鳥の糞と思った、見間違えです。
おっとっと。下らない糞ネタを書いちゃった。これから、いよいよ、素潜り採集です!
(後編へつづく)

ファイル 716-1.jpg

昨年から要芽さんと、あの恐ろしい沖の白石へ行く話をしていたのですが、
色々とあって延び、とうとうお盆休みに行くことになりました。危険度はMAXです。
カワニナ丸は引退したので、インフレータブルカヤックK-10 を要芽さんが買い、
昨日、魚小屋で点検することになりました。maikyさんも来られて壮行会?みたいな感じに。

初期不良が無いか確認すると、パドルの接続部分のプラスチックが一部溶けていました。
何とかなりそうなので、このまま使うことに。そのときにカワニナ丸と比べて、
グリップ部分の突起が、丸くて握りやすく、改良されていることに気付きました(おおっ)。
更に、電動ポンプが小型化して、力が強くなってる(いいなぁ)。
空気を入れると、空気注入口が逆支弁になっている(これかなり楽度up)。
しかもカワニナ丸より400円くらい安い。バージョンアップし過ぎて何だか頭に来る。
というか、これはもはやカワニナ丸ではない。危険度がだいぶ低くなっている。

ファイル 716-2.jpg
乗ってみると、新品だけあって、歪さがないので、とても安定感がある。
と同時に、昨年の恐ろしい思い出が、一気に蘇って、胸が締め付けられる感じになる。

ファイル 716-3.jpg
相変わらずの狭さはキープされており、後は水と食料を入れたら、もう何も置けないね。
荷物が積めないというか、説明書に荷物は積んだらアカンと書いてあるんだけどね。

ファイル 716-4.jpg
右がカワニナ丸のカバン。カワニナ丸は空気抜いても、カバンに入らないんだけど、
要芽さんの買った左は、よく見ると少しカバンが大きくて、何とか入ったぞ(うそぉ)。
何かますます頭に来た。今、一番問題になっているのが、このゴムボートの命名です。
3つ頭を並べて、20分ほど会議しましたが、全く決まらず、要芽さんの宿題になりました。
「しらいしクン」、「かわにな組 しらいし びわこ」、「カワニナのゴム舟」、
「戦艦カワニナ」、「琵琶湖観測船かわにな 最大積載量0.16t」など、いまいち勢揃い。
生還できれば、沖の白石の記事を書くつもりですので、そのときには決まっているかな…。

ファイル 623-1.jpg

2011年12月31日はmaikyさん、Y.K.さん、スギタさんとお子さん、要芽さん、タロベエさん、
かっちゃんさん、うなたろうさん、西村で不死鳥島です(命懸けシリーズのファイナル?)。
2011年09月14日に引退したはずのカワニナ丸。不死鳥のごとく大晦日だけ蘇りました!

12月上旬。忘年会でカワニナ丸を、皆で安全航行するには、どこが良いだろうと考える。
丘陵地の溜池は深くて危ない。川は流れがあって危ない。海は潮汐があるので危ない。
そうなると平野部にある、公園の池のようなところが、一番ではないかと考える。
名古屋市での候補は3つ。白鳥公園の太夫堀。道徳公園のボート池。荒子川の不死鳥島。
太夫堀は浅くて狭くて安全度は高いが、下見に行ったら工事中で入れなくなっていた…。
ボート池は浅くて狭くて安全度は高いが、下見に行ったら駐車場が無くてダメだった…。
不死鳥島は深くて広くて安全度は低いが、下見に行ったら何とかなりそうかなぁ…。
ということで、一抹の不安を感じながら、不死鳥島にすることにした。

毎年のことだが、忘年会の予定調整は、とても苦労した。例としてtさん。
11月18日…保留。魚小屋は9~11人という制限があるので、保留はちょっと面倒だったり。
12月22日…11時まで参加する。右腕を怪我したが骨折ではなく治るかも。28日に連絡する。
12月28日…23時30分に連絡が来る。やっぱり骨折でしたと(爆)。カワニナ丸は乗れない。
12月30日…11時まで参加だったが、午後も空いたので、朝から参加したい。
12月31日…骨折しているとは思えないほど、右腕を動かしていたので、カワニナ丸に乗る。
こうした調整を不参加の方も含め、皆さんとやっているんです。ちょっとは労ってね(笑)。

ファイル 623-2.jpg
愚痴はこれくらいにして、予定時間よりも20分遅れて、荒子川公園へ到着した。
皆さんで急いでカワニナ丸を復活させます。とても皆さん協力的でありがたかったです。
電動ポンプは壊れたので、フットポンプで膨らませます。みんなでやると早いっ。

ファイル 623-3.jpg
カワニナ丸の復活です。左方で歩いている方のジーンズは、恥ずかしい部分が破れており、
キャラ通りだったので爆笑し、メインのカワニナ丸が霞みそうで、怖かったです(笑)。
写真の右上方は、車上荒らしをされておられるのかな。沖島でのsさんを思い出します。

今回の航行予定は荒子川の不死鳥島(フェニックスアイランド)1周 (約0.4km)。
琵琶湖の奥の洲へ行くより、少しだけ長い距離です。往復すると約0.7kmありますけどね。
ちなみに、沖の白石の往復は約14.25kmでしたので、私にとっては屁でもない距離です。
乗り降りで人が船体を抑えてくれるし、転覆してもロープと浮き輪で助けてもらえるし、
自力で泳いでも最長50mで岸です。怖いのは水温6.4℃くらい。危険度は100段階で5だね。

ファイル 623-4.jpg
復活させたカワニナ丸をみんなで運びます。着水予定の場所へ到着すると、
下見のときよりも水位が高くて入れず、より危険度の高いところから、出発することに。
まずはmaikyさんとY.K.さんで不死鳥島を1周します。さすがはmaikyさん順調です。
カワニナ丸に気付いた水鳥たちが右往左往。初めてこんなの出てきて驚いただろうね。

ファイル 623-5.jpg
時間もないのでサクサクと乗り回します。2周目はスギタさんとお子さんです。
お子さんは約2時間半前に、既に水路へ落ちているため、また落ちるかもと心配でしたが、
無事に戻ってきました(ふぅ)。3週目は私と要芽さん。私はこれが最後なんだよなぁ…。
船体が右に傾いて、初めて転覆するかと、ちょっと焦りましたが、それ以外は無難でした。
荒子川の水しぶきが、顔に掛かりましたが、とても臭かったです。夏でも潜りたくない。

4周目はかっちゃんさんとうなたろうさん。普通にこなしている感じで面白くない(笑)。
最後はタロベエさんですが、右腕骨折なので、Y.K.さんと対岸までの短い距離を航行。
タロベエさんが降りるとき、右腕で手を付き、痛がる姿に、またもっていかれました(笑)。
メインはカワニナ丸なんですからね。とにかく無事終了。9人で合計約1.7kmを航行。

最後に皆さんに乗ってもっらて、カワニナ丸も喜んだと思います。
もしも、第二カワニナ丸を買ったら、パーツが使えそうなので、まだ捨てていませんが、
今後に復活航行は、もう危険なのでありません(そう言い切らないとやりそうなので)。
カワニナ丸伝説(完)。ねぇねぇ、今年はまた新たな伝説が始まるのぉ?

ページ移動