記事一覧

ファイル 1014-1.jpg

三重県の海で採集したイボトゲガニ(ヒラトゲガニ)です。
1年10箇月ぶりのヤドカリの仲間です。と言っても見た目はカニですが、目立つ脚が4対です。

ファイル 1014-2.jpg
1枚目は雄で、こちらは雌だと思います。過去にカニダマシ科はたくさん捕ったが撮ってない…。

ファイル 749-1.jpg

2012年10月14日に三重県の汽水域で採集したコブシアナジャコ Upogebia sakaii です。
「伊谷行 (2012) コブシアナジャコ. 日本ベントス学会(編), 干潟の絶滅危惧動物図鑑
 海岸ベントスのレッドデータブック. 東海大学出版会, p. 183.」によると、
コブシアナジャコの分布は、和歌山県、徳島県、高知県、鹿児島県、沖縄県とあります。
また、本州,四国の産地は5ヵ所以内。すなわち、和歌山県、徳島県、高知県で5ヵ所以内。
私が捕った写真の個体は三重県産です。おそらく北限・東限を更新したと思います。
三重県の他水域でも、見かけた記憶があるため、まだ見つかるかもしれません。

ファイル 749-2.jpg
本種の特徴である、鉗脚の上面が深紅で美しく、鋭い棘が目立ちます。

ファイル 749-3.jpg
正面から見ると、何かとぼけた顔をしています。

ファイル 749-4.jpg
腹側から撮影。汽水魚水槽に入れてから、背側を撮影していないことに気付きました…。
こういう分散できる生物は、黒潮影響地域の沖縄県から茨城県(もしくは福島県)までの、
どこで見つかっても、不思議ではありません。ただ、基礎的な記録は必要かもしれません。

ファイル 619-1.jpg

三重県の海で採集したホンドオニヤドカリです。
海で行きぬくには、ここまで強くならないと、種の継続が出来ないよというお姿。
昨日、オオウナギ水槽に2個体いたコブヨコバサミが、1個体になっていました。
水槽内をよく見るとバラバラ遺体が…。実はオオウナギに3日間餌やりをしておらず、
空腹に耐え切れず、タンクメイト(飼育者が勝手に思っているだけ)を食したのでしょう。
そんなオオウナギも近いうちに、飼育者に食べられるのですけどね。弱肉強食です。

ファイル 487-1.jpg

三重県の海で撮影したヤドカリ上科の一種(未同定)です。
来年はこんな写真ばかりじゃなく、ちゃんと海ものも撮影したいと思います。


追記 2010年12月29日
white-wingsさんにヤマトホンヤドカリであろうと教えて頂きました(感謝)。

ファイル 462-1.jpg

三重県の海で撮影したヤドカリ上科の一種(未同定)です。
意地悪クイズに近い状態でしか撮影できなかったです。
わかりそうでわからなかったヤドカリさん。
貝殻に付着しているカイメンも未同定ですが切がないので…。


追記 2010年11月13日
white-wingsさんにイソヨコバサミだと思うと教えて頂きました(感謝)。

ファイル 412-1.jpg

昨日、愛知県の海で採集したケアシホンヤドカリです。
ヤドカリの記事は少ないし、久しぶりに記事が増えるし、よかったなぁと思っていたら、
家に帰って写真を見て、宿に小さな巻貝が付いているのに気付きました。気になるぅ。

ファイル 412-2.jpg
そっち側にも巻貝が付いていたのかっ。なんだろうなぁこの巻貝さん。

ファイル 412-3.jpg
はがして撮影して同定したかったなぁ。見落とした自分を責めてあげたいです。

ファイル 412-4.jpg
別個体。この個体は付いてないので興味ないです。

ファイル 348-1.jpg

愛知県の汽水域で採集したニホンスナモグリです。
弱い力でも鋏脚がよく取れてしまいます。この個体も鋏脚が採集時に取れてしまい、
次また捕って撮ったらいいやと思っていたら、3年以上経ったので諦めてしまいました。

ファイル 348-2.jpg
エビヤドリムシ科の一種に寄生されていました(橙色のところ)。
寄生されても自分で取り除けないため、諦めているのでしょう。

今日は韓国海苔の中にある乾燥剤が破れていていることに気付かず、
シリカゲルを食べてしまいました。怒って電話してやろうと思いましたが、
韓国の電話番号しかなく、ハングル文字が読めず、諦めました。

ファイル 332-1.jpg

三重県の汽水域で採集したスナモグリです。
同定に使いやすい鋏脚が、採集時に既に取れていました。
でも、外洋に面した河口域と岩礁が隣接する場所で採集し、
他の特徴を見てもスナモグリだと思います。

ファイル 332-2.jpg
同じ仲間には、ニホンスナモグリとハルマンスナモグリがいて、
この種類は単にスナモグリと申します。ニホンスナモグリは泥の多い干潟で、
何度も捕っていますが、この種類も鋏脚が簡単に取れてしまいます…。

ファイル 304-1.jpg

三重県の汽水域で採集したホンヤドカリです。
妖怪のようですが、とても小さいので、退治するのは楽だと思います。

ファイル 304-2.jpg
イシタダミを宿にしていました。ちゃんと両手を着いての立合いです。

ファイル 304-3.jpg
よしっ合体だ。

ファイル 296-1.jpg

三重県の汽水域で採集したテナガツノヤドカリです。
宿はスガイだと思います。河口が岩礁地帯と隣接する場所で捕れました。

ファイル 296-2.jpg
汽水域のヤドカリ界のニッチは、ユビナガホンヤドカリに支配されていますが、
そこに紛れるように、テナガツノヤドカリやヨモギホンヤドカリも見られます。


追記 2017年09月15日
栗山さんにユビナガホンヤドカリと教えて頂きました(感謝)。

ページ移動