記事一覧

ファイル 1169-1.jpg

愛知県の海で要芽さんが採集したヒバリガイです。
同定はk先生(感謝)です。ピンボケです。アズマニシキに固着していました。
日淡こぼれ話の生物が、もうすぐ1000種類のような気がします。今度数えてみよう。

ファイル 1167-1.jpg

愛知県の海で要芽さんが採集したアズマニシキです。
同定はk先生(感謝)です。他にも海綿やゴカイ類が付いてますが見なかったことに。

ファイル 1147-1.jpg

愛知県の海で採集したイワガキです。
何か色々な生物が殻に住み着いていました。二枚貝類、ナマコ類、ヨコエビ類、海綿類など。

ファイル 1025-1.jpg

三重県の海で採集したトマヤガイです。
前から見たいなと思っていた貝でした。汽水域でウネナシトマヤをたくさん見ているので、
畝(ウネ)のある苫屋(トマヤ)がどんなのか気になっていたのです。畝が確りありました。

ファイル 1022-1.jpg

三重県の海で撮影したヒオウギガイです。
色々な色があることで有名な貝です。色の違いで記載していたら、むっちゃ増えそうです。

ファイル 1020-1.jpg

三重県の海で撮影したエガイです。
これもスガイと同じ、後ろに「ガイ」をつけるかどうか、という問題を持っていそう。
エガイのままだけと良いけど、ガイを外すとエですね。確か昔はガイではなくガヒのはずで、
エガヒの方が和名としては正しいのかも。とにかく和名が短いのは、良いことだと思います。

ファイル 1019-1.jpg

三重県の海で撮影したアコヤガイです。
真珠母貝としてよく使われている貝です。イケチョウガイで真珠を作ると、
淡水真珠と呼ばれるけど、アコヤガイで真珠を作っても、海水真珠とは呼ばれない。

ファイル 996-1.jpg

三重県の海で撮影した二枚貝綱の一種(未同定)です。
こんなの同定できるわけないですよね…。わかっていますが記録写真として出します。

ファイル 953-1.jpg

愛知県の海で採集したミドリイガイです。
塩分が高いところへ行かないからか、私はあまり見かけない。
潰れているのはヨーロッパフジツボかな。これ見るとケミカル臭しそうな場所だね。

ファイル 947-1.jpg

愛知県の海でkさんが採集したトリガイです。
ハマグリ捕りの副産物。私も捕りたいと探したが捕れなかった…。

ファイル 947-2.jpg
現場で種類が分からず、でもどっかで見たことがある。そんな感じの名前だろうなぁと、
頭の引き出しを開けていたら、ウチムラサキというのが出て来た。内側が紫なので、
もう間違いないと。こういう誤同定が地元で定着すると、方言に変わるのかも。
kさんが捕るときに鎌で割れたので、ハサミで細かく切り、汽水魚たちの餌にしました。

ページ移動