記事一覧

ファイル 1259-1.jpg

2017年3月26日夜~27日夕方は、にょろきん君と琵琶湖と福井県でした。
米原駅で合流。まずは琵琶湖。1~2箇所目は魚捕り。3箇所目はクロなどが捕れました。
4箇所目はハベのみ。そして福井県へ。5~13箇所目は魚捕り。そして夜が明ける。

ファイル 1259-2.jpg
14~16箇所目は余呉湖です。カワニナ類を1個体目撃するも捕れず。

ファイル 1259-3.jpg
17箇所目は再び琵琶湖。雨降る中に、にょろきん君だけが採集。

ファイル 1259-4.jpg
たくさん捕れたね。これを全部持ち帰るとな。さわだ君ぽくなってきたぞ。
京都から夜行バスがあるというので、18時前に米原駅へ送り届ける。
468.2(高速道路27.5)kmも車を運転しました。一般道440.7kmはしんどかったです。

にょろきん君は寝過ぎて夜行バスに乗れず、27日朝に東京へ帰る予定が28日夜に…。
DMでのやり取りで、にょろ君が無理な計画を言うので、私が「いつねるんだ」と言うと、
「にょろは眠らない」「冗談です笑夜行バスで寝られないと困るので」と返答があり、
よっぽど睡眠不足に強いんだろうなと思いましたが、助手席で何度も寝ていましたし、
夜行バスも寝て乗れていない現実(笑)。さわだ君はそういうことはないので見習おうね。

ファイル 1258-1.jpg

2017年3月19日はたいちさん、またまたさん、Yさん、なかたりさん、ずーなまさん、
西村の6人で、カワニナ採集をさせてもらいました。貴重な時間を頂いて感謝します。
1箇所目。諏訪湖で探しますが、とにかく湖底が汚い。ヒメタニシくらいしか捕れませんでした。
2箇所目。諏訪湖流入河川の河口域で探しますがここも汚い。Yさんが1個体だけチリメンを採集。
3箇所目。諏訪湖へ6人胴長採集。1時間近くやりましたが、写真の6個体だけでした。
この場所はおそらく抽水植物があった場所を刈り取り、砂を入れて浜にした感じでした。
そのため底生生物の多くは死んだのでしょう。気温は氷点下で胴長とたも網が凍りました。

カワニナの種類はチリメンカワニナとタテヒダカワニナでした。
タテヒダは各地の湖沼で、移入の記録はありますが、多くはハベカワニナの誤同定で、
今回もハベがいるのだろうと思っていましたが、5個体だけですがタテヒダでした。
ナカセコカワニナとタテヒダは遺伝的に同種の疑いがあるようですが、
流れのある川にタテヒダが放流されたら、ナカセコ形態となって発見されるはずですが、
今のところナカセコの移入の報告はないと思います。これはどういうことなのでしょうね。

ファイル 1258-2.jpg
4箇所目。山梨県へ入って魚採集していたら捕れました。カワニナで良いと思うのですが、
縦肋が僅かに出て、胎殻は出なかったので、チリメンA型の疑いもあり、ちょっと怖いです。

ファイル 1258-3.jpg
5箇所目。こちらも山梨県で魚採集していたら見つかりました。これは縦肋もなく、
つるつるで小さな胎殻がたくさん出て確認できたので、カワニナで良いと思います。
中央は殻長(殻高)が46.2mmもありました。シノニムのオオカワニナだろうか。
今回はキタノカワニナ系も期待していたのですが捕れませんでした。
またわがまま言って、秋に函館近くで捕らせてもらおう。

ファイル 1257-1.jpg

滋賀県の草むらで撮影したアリグモです。
これはアリだと思って撮影していました。もっとクモらしくして下さい。

ファイル 1256-1.jpg

岐阜県のコンビニで撮影したモンクロシャチホコです。
啓蟄も過ぎて、虫も見かけるようになりました。未同定画像量産シーズン突入です。

ファイル 1255-1.jpg

2017年3月3日夜にmaikyさんと鮮魚売場を巡回してきました。
2016年は「ハマグリを食べたことがありますか? #1 #2 #3」を参照。
1店舗目【タ○シマヤ】
○「千葉県九十九里浜産はまぐり」と表記された「千葉県産チョウセンハマグリ」
デパ地下だけあって、良い個体ですが、1個500円と高価ですね。

ファイル 1255-2.jpg
2店舗目【ピ○ゴ】
◎「三重県(三重桑名)産はまぐり」と表記された「三重県産ハマグリ」
○「台湾はまぐり」と表記された「台湾産タイワンハマグリ」
○「千葉県はまぐり」と表記された「千葉県産チョウセンハマグリ」
三重桑名は小さくて判断に迷う個体もいましたが、総合的な判断で良いと思います。

ファイル 1255-3.jpg
2枚目の写真と同じ陳列ケースですが、シオフキとオキシジミが混在していました。
これは意図的ではなく選別不備だと想像します。どちらも商品価値のない貝です。
味は「10種類の二枚貝を食べ比べ」を参照。3店舗目【バ○ー】は売っておらず。

ファイル 1255-4.jpg
4店舗目【アピ○】
ここは昨年に最も悪質だったスーパーです。魚屋さん型コーナーは店じまい途中。
○「千葉県産はまぐり」と表記された「千葉県産チョウセンハマグリ」
○「台湾はまぐり」と表記された「台湾産タイワンハマグリ」
昨年よりも陳列ケースが小規模で、おそらく魚屋さん型コーナーにも在庫がない。
ハマグリやシジミにしても、ユ○ー系が最も消費者を騙す、インチキ商売をしていました。
maikyさんの推測では、昨年9月の経営統合(吸収合併?)で、インチキ商売を止めたのかもと。
ハマグリ警察としては、ここは逮捕だーっと、目を付けていたので、拍子抜けでした。
5店舗目【マック○バリュ A】は売っておらず。昨年はここだけ本物のハマグリだったけどなぁ。

ファイル 1255-5.jpg
6店舗目【西○】
○「国産はまぐり」と表記された「国産ハマグリ?」
◎「熊本はまぐり」と表記された「熊本県産ハマグリ」
○「中国はまぐり」と表記された「中国産シナハマグリ」
国産はまぐりはおそらく熊本県産かなという膨らみと模様でしたが、
有明海はシナハマグリに似る個体も生息しているようなので難しかったです。
熊本はまぐりは、3cmに満たないような個体も混じっていて(漁業調整規則では3cm以上)、
こんなサイズが出回るのは、熊本産くらいだと思うので、これは間違いなさそうです。
中国はまぐりは典型的な個体もいるのですが、ちょっと違うかもと気になる個体もいました。
7店舗目【マック○バリュ B】は売っておらず。終了です。maikyさんお世話になりました。

7店舗で3店舗が売っておらず、昨年と比べてハマグリ類の入荷量が、少ないのかもしれません。
また、◎や○だけで、△や×のインチキ商売は、ありませんでした。おこがましいですが、
昨年の記事やツイートが、多少は影響していると良いなと、勝手に思っています。
ちなみに、鮮魚売場だけではなく「木更津 潮干狩り ハマグリ」でググると、
捕れているのは、ほぼ中国産シナハマグリです。お客用に撒いたものだと思われますが、
東京湾に定着しないことを願います。アサリもたぶん中国産でしょうね。来年も巡回します。

ファイル 1254-1.jpg

2017年2月26日はさわだ君、TM君、メナシスト君、西村で琵琶湖でした。
1箇所目はストビューの正面にある「奥の洲」です。カワニナ丸で2度行きました。
さわだ君、メナシスト君、西村で、岸から泳いで上陸し、カワニナ類などを採集します。
水温7~8℃、気温9~10℃、ウエットスーツで11:32に入水。写真(2枚)はTMさん撮影。
初めの2~3分は新鮮な水で、冷たさを感じるが、その後の寒さはほとんどなかったです。

ファイル 1254-2.jpg
約6~7分で奥の洲に上陸。写真をよく見ると3人が肩を組んで、こちらを向いています。
早速にカワニナ類を探しますが、密度が低くてなかなか捕れない。なんでだろう。
入水26分後にさわだ君が、カワニナ類を1個体も捕ることなく、寒さに震えてギブアップ。
水温よりも気温の方が高く、日差しがあるので、岸でしばらく休んでもらうことに。
数分後にメナシスト君も戻りたいと。私はまだ1時間は潜れるけど、しぶしぶ戻ることに。
12:13にTM君の待つ場所へ。約41分間の素潜りでした。寒さは0~7で1レベルでした。

採集結果はさわだ君とメナシスト君はカワニナ類は捕れず。私も7個体だけでした。
さわだ君は会話もできないほど、冷え切っていたので、温かい食べ物を求めてコンビニへ。
そこでも吐きそうだから食べられないと。温まるから食べなさいと言って、
ワンタンスープを買わせる。そして食べた後で、すぐに復活。まぁそういうもんです。

ファイル 1254-3.jpg
2箇所目はニセマツカサガイの場所へ。さわだ君はズボンを裾を上げ、クロックスで入水。
さっきまでのは何だったんだ。1個体マツカサかニセかよくわからないのが見つかる。
今見るとマツカサかな(写真の一番下方)。3箇所目はニセマツカサガイの多い場所へ。
ニセマツカサガイ、タテボシガイ、トンガリササノハガイ、カタハガイ、ドブガイ類などを確認。

ファイル 1254-4.jpg
4箇所目は再び琵琶湖へ。ここは3パターンの形態をしたチリメンが捕れる場所。
何とか3パータンが捕れて良かった。その他にメナシスト君が右上を捕りました。
左下は割とよく見かけるカドヒラマキガイ(ヒロクチヒラマキガイ型)ですが、
右上は殻高(殻長)が高く、一見カワニナの稚貝のようにも見えます。
ここまで高いのはあまり見ないイレギュラー個体ですね。ナリタヨコエビも捕れました。

ファイル 1254-5.jpg
5箇所目は竹生島・多景島・沖の白石周辺以外で、ヤマトカワニナ(チクブカワニナ型)と、
見なせる個体が捕れる場所(長浜市湖北地区産)へ。時期が悪いのか捕れず。
6箇所目は殻底肋6本(通常3~5本)のフトマキカワニナが捕れる場所へ。捕れず。
7箇所目はさわだ君とTM君の案内で、琵琶湖流入河川の河口域へ。クロダぽいのが捕れました。
8箇所目は何度行ったかわからない、フトマキカワニナの模式産地へ。写真の通り荒れていました。

18時前に米原駅でさわだ君とTMさんとはお別れ。さわだ君の後処理の苦労を気にしない、
サンプリングの貪欲さは凄いと思いました。TMさんの突っ込みも優しさがあって好印象でした。
メナシスト君と私は、岐阜へ行き2箇所で魚捕りし、家まで送りました。道中でメナシスト君は、
吸収力に優れ、気遣いが出来て、本質を見抜いているなと感心しました。今度はさわだ君用に、
お借りしたウエットスーツ一式を、maikyさん宅へ行って返却しました(感謝です)。
家へ帰れたのは22時半を過ぎ。そしてさわだ君にまた車内放置されたゴミを分別廃棄しました。
皆さんお疲れ様でした。また宜しくお願いします。次はその先の竹生島まで一緒に泳ぎましょう。

ファイル 1253-1.jpg

愛知県の道端で撮影したトビイロスズメです。
ウナギ捕りの後で近くにいたガ。あぁウナギ捕り行きたい。夢に見るようになった。

ファイル 1252-1.jpg

2002年12月30日に豊川と豊川放水路の合流点でマガキを採集しました。
そこに小さなイソギンチャク類が5~6個付着。大きくなるものとばかり思っていましたが、
1年ほどしても小さいままで、分裂を繰り返していました。種類を調べても判らず、
もしかすると未記載種かもしれないと思いました。インターネットで検索すると、
イソギンチャク分類がご専門の柳研介(千葉県立中央博物館分館 海の博物館)さんに当たり、
2003年12月1日にメールを送って、同定をお願いしました。翌日にご丁寧なご返信を頂き、
2003年12月12日に飼育中の個体を送りました。「全く見たことのないイソギンチャクでした」
とのご返信に驚きました。同定作業は時間が掛かるということで、ワクテカで待ちました。

ファイル 1252-2.jpg
2年経っても判明しません。そして採集地の近くにある、六条潟(海)が埋め立てられる、
という情報を知りました。これはイソギンチャクの生息にも影響があるし、
もしかすると、このイソギンチャクを利用して、埋め立てを阻止できるかもしれない。
市野和夫(愛知大学)先生に連絡を取りました。2006年4月16日に観察会があるから、
そこでイソギンチャクのことを話して欲しいと言われ、使命感でお引き受けしました。
しかし、柳研介さんには、まだ同定して頂いていません。仕方がなく催促メールをしました。

ファイル 1252-3.jpg
2006年4月8日に暫定的な同定としてご回答を頂けました。正直待ちくたびれました。
「体壁が滑らか、足盤がある、触手に短基無鞭刺胞もしくは短基p型有鞭刺胞がある、
槍糸が無い、capitulum(襟状部から触手にかけて通常の体壁と異なる(薄い)形状を
見せる部分)がある。このような形質の組み合わせを持ったイソギンチャクは、
科のレベルで知られていません。」未記載種どころではありませんでした。
まさか未記載科の可能性すらあるとは驚きでした。この頃には水槽の個体は消えました。
そして和名は「トヨカワギンチャク」で良いのではないかという提案もありました。
豊川は正確にはトヨガワなので、産地由来ならばトヨガワギンチャクでしょうね。

ファイル 1252-4.jpg
2006年4月16日の観察会。私はイソギンチャクのことは、さっぱりわからないですが、
プロジェクターを使い、こんな珍しいのがいる、大事にしましょうと伝えました。
発表後は観察会を取材に来られていた、マスコミ数人に取り囲まれ、色々と聞かれました。
当時の私は生息地公開を、非常に問題だと思っていたため、マスコミに流れると、
例え干潟の埋め立てという、緊急事態が差し迫っているとはいえ、あっ西村は口ばっかりで、
自分は生息地公開しているんだなと思われるのが嫌で、とにかく出さないでくれと断りました。
しかし、そこはマスコミです。朝日新聞だけは、引き下がらず、しぶしぶ記事にされました。
翌日に「イソギンチャク、新種…? 名古屋の男性 観察会で報告」というタイトルで、
柳研介さんにも取材されて、イソギンチャクの写真入りで、新聞記事になりました。
名古屋の男性で止めて下さったのは有難かったです。

ファイル 1252-5.jpg
柳研介さんは私が採集した場所へ、サンプリングへ行きたかったようですが、
千葉県からは遠く、予算も出なかったようで、2007年3月16日から連絡を取っていません。
現在2017年ですが進展なく、謎のイソギンチャクは論・報文にもなっていないと思います。
どうなっているんでしょうね。その後に採集場所へイソギンチャクだけを探してみましたが、
タテジマイソギンチャクばかりで見つかりませんでした。どなたか再び見つけて下さい。
バラストタンクで運ばれて、一時だけ生息していた、外来生物の疑いも十分ありますが、
この種類は未記載種の疑いもあるため未同定とせず、同定済ということにします。
同定済818+未同定182=1000種類になりました! これも皆さんのおかげです(多謝)。
ここまで8年8箇月も掛かっているので、次は2000だ10000だとは、とても言えません。
同定コメントを下さる方々のおかげで、818種類は同定済となりましたが、
次の目標はこれを1000にしたいです。今後とも宜しくお願いします。

ファイル 1251-1.jpg

2017年2月10日夜~11日未明は愛知県で、maikyさんとハマグリ捕りでした。
1箇所目はカガミガイの死殻ばかりが目立ち、青潮か赤潮の被害にでもあったのかな。
写真のようにハマグリ6個とサルボウ1個だけ。このハマグリは砂の15cm以深の深めで捕れ、
maikyさんは浅めばかり探していたので、サルボウ数個とハマグリはゼロでした。
胴長の補修箇所が目立ちますが、この採集でも破れて水没しました。たぶんカキ殻です。
2箇所目は泥深くぜんぜんダメ。3箇所目は砂でしたがダメでした。
結局は3箇所やって写真の成果のみ。maikyさんは珍しくハマグリ坊主でした。

ファイル 1251-2.jpg
数日前にすイエんサーを見ました。ハマグリはやっぱりチョウセンハマグリでした。
まだシナハマグリ、タイワンハマグリ、ホンビノスガイでないだけマシなのかな。
アルミ箔で包んで焼く方法は知っていましたが、そもそもこれは焼くっていうのかなぁ。
アルミ箔を開くときに、貝の中の汁が零れて、手に付いたり、テーブルを汚さないのかなぁ。
そんなことを思って試していませんでしたが、とりあえずやってみることにしました。

ガス直火はアルミ箔が燃える心配もあったので、オーブントースターを使いました。
すイエんサーは6分焼いて、1分蒸らすと書いてありましたが、安全装置ですぐに止まるので、
14分焼いて1分蒸らしました。取り出すとアルミ箔を、開けられる場所を探すため、
斜めにしたり、引っ繰り返したりします。すると汁が垂れてきました。手が汚れました。
開いたら汁はアルミ箔に飛び出していました。しかも片側は貝柱が取れていませんでした。
もう少し長く加熱した方が良かったみたいです。しかし、汁が零れているし、
また貝を閉じて焼くのは面倒なので、食べることにしました。味は普通でした。
焼き蛤は何度も食べましたが、これは焼いたという味ではなく、蒸しハマグリです。
そしてこの感じは、ノロウイルスが死滅したかは微妙で、おすすめは出来ません。

ファイル 1251-3.jpg
他のはレッド・ピクルド・ジンジャー・ボイルド・クラムにしました。
こちらはやっぱり美味い。ノロの不安もない。日持ちする。やはりこれが最強だと思います。

ファイル 1250-1.jpg

滋賀県のコンビニで7月に撮影したチョウ目の一種(未同定)です。
凄い特徴あるのになぁ。同定済816+未同定183=999種類になりました。1000まであと1デース。


追記 2017年02月11日
white-wingsさんにアケビコノハと教えて頂きました(感謝)。

ページ移動